何を買うかですべて特化していればいいわけではない

人は十人十色といいますが、ローンもそれぞれ人によって目的が違います。
車・バイクローンなどの特化型のローンがあるためかなにかを買う時にその専用のローンを探した
経験はありませんか?少数かもしれませんがそういう探し方をする人は少なからずいるでしょうし
賢い探し方だと思います。いや賢い方といったほうがいいかもしれません。
それは、場合によってはよい場合もありますし、場合によってはあまりよくないケースもありえるのかと
思うのです。

10万円~800万円くらいまでならカードローンでもいける

そもそもですがローンをするときは、種別、目的ローンを気にするよりも
根本的なところが、金利ではないでしょうか?実際に銀行などのカードローンであれば年利3%代などのかなりの低金利ローンもあります。特化しているからと言って絶対にそれよりも低いということはない可能性もあるということは多少なりとも理解しておくことはとても大切なのです。

但し、確率から言うと特化型のほうが低金利ということが多いかと思います。
例えばろうきんさんのカーローンを見てもらうとかなりの低金利ということが分かると思います。
こういった知名度の高い銀行や信用金庫は低金利です。まずあなたが車などなにかを買い物するときにそのローンがあるのかどうかを探すことは決して間違いではないのです。
しかしながら、このようにすべてが所謂幅広い多目的に利用、対応しているカードローンよりも低い金利とは限らないということを理解しておいたほうが良いですよという話になります。

100万円以上の融資はまず国の機関や信用金庫などから検討が吉

具体的にどういった場合は特化型を選ぶべきかというものがないか考えました。
これは管理人の個人的考えになるのですが、100万円を超えるなにかの融資の場合は
まず国や信用金庫などから検討したほうが吉ではないかと思います。

審査はしっかりとしていますが、安定収入、勤続年数などそれなりにちゃんとしていれば
通らないということはないでしょう。

なぜそういった機関が良いかというとこれも確率から言って民間よりも低金利の確率が高いからです。
民間と言っても大手銀行のことなどなので、正直サービスとしてはしっかりしています。
かなりハイレベルな戦いということになるでしょうが、大きな金額の場合は1%でもかなりの差になりますからしっかりと検討しましょう。