大口融資と小口融資

ローンとはでローンは融資であるといいましたが
融資には大きく分けて大口融資と小口融資があります。
漢字をみるとなんとなくわかる気もすると思いますが
一応解説しておきます。

小口融資とは

その漢字のとおり小規模の融資のことをいいます。
厳密にいくらまでが小口なのか?というのは定義が
とても難しいと思われますが、一般的には個人向けの融資で
小額の金額の融資をおおまかなくくりでこういうかと思います。
まあサービス側があまり使う言葉ではないので気にしなくても
良いと思います。

大口融資とは

小口の反対ですのである程度の金額の融資ですね。
例えば個人向けのカードローンとキャッシングであれば
300万円くらいから大口といっていいのかもしれません。
個人でなくビジネス系融資では1000万円とかになるでしょうか。
これもなかなか定義があいまいなのかなと思います。

種類を見極める為にはあまり必要はない

こういった言葉はなんとなく使う言葉だと思うので
何かを探す時に知っておくと便利だと思います。
例えばインターネット検索で大口融資 東京などと探す時に
知っておくといい情報が見つかると思います。
なので実際にいくつか借りるところをピックアップしたとして
そのなかから選ぶ時は指標にはなりません。
あくまでも探す時などに必要になるのかなと思います。

高額融資となると、不動産担保系が言葉として浮上してきますがそもそもの資産価値があるのかはマンション 査定でチェックしておくといいかと思います。また、価値があるないにしろ、不動産を担保するということは、担保を失う可能性があるということは重々承知の上で担保にしたほうが良いです。

考え方次第ですが、査定して売ってしまったほうが利益が高いということも出てくるかもしれませんので一時の感情で担保にし競売にかけられるなんてことだけは避けたほうが良いですね。